遺言の取消し(撤回)

お電話によるお問い合わせ番号

遺言の取消し(撤回)

遺言者は、いつでも自由に遺言を取り消し(撤回)することができます。
また、遺言者はこの遺言の取消権を放棄することはできないとされ、法的に遺言者の自由な取消権を保障しています。

遺言を取り消す(撤回する)方法

遺言書を作成しても、その後、遺言者の意思が変わることがあります。
そのような場合、自由に遺言を撤回することができますので、ご安心ください。
また、遺言者は、この遺言の取消権を放棄することはできません。

遺言の取消権は遺言者の自由な意思に基づくものですから、周囲の人からの強制等によって取り消されたときは、適法な取消しにはならないといえます。

遺言公正証書作成サポート

先祖代々の財産をどのように承継するか、夫婦で築いた財産をどうするか、親族への財産分配など、それぞれ事情は異なります。遺言者様にとって最良の遺言書を作成するお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご利用ください。

遺言公正証書作成サポート

遺言によって取り消す(撤回する)場合

  • 前の遺言を撤回する新しい遺言を作成すると、前の遺言はなかったことになります。
  • 前の遺言と内容の抵触する遺言を後に作成すると、抵触する部分は新しい遺言が優先され、前の遺言は後の遺言で撤回されたものとみなされます。

遺言と抵触する遺言者の行為による撤回

  • 自筆証書遺言の場合、遺言書を破棄することで、遺言書を撤回したものとみなされます。
    一方、遺言公正証書の場合、遺言者が保管している正本を破棄しても撤回とはみなされず、公証役場に保管されている原本を破棄する必要があります。
    ただし、公証役場に保管されている原本と内容が抵触する新しい自筆証書遺言書を作成すれば、原本を破棄しなくても、抵触する部分は新しい遺言が優先され、前の遺言は後の遺言で撤回されたものとみなされます。
  • 遺言者が、遺言と抵触する譲渡や寄付、売買などを行うと、抵触する部分については、その行為によって、遺言が撤回されたものとみなされます。
  • 遺言者が、遺贈の目的物を破棄した場合、その破棄した部分について、遺言を撤回したものとみなされます。

遺言書の作成をご検討のときは、ご相談ください

家族・親族間の争いを避けるために、煩雑な相続手続の負担を軽減するために、特別な方に財産を分け与えるために・・・。
遺言には、たくさんのメリットがありますので、必要があれば当事務所にお気軽にご相談下さい。

遺言書作成の専門家が関与するので安心です
遺言書は法律で定める要式に従わないと効力をもちませんので、遺言書作成の専門家が関与すると安心です。よくある遺言書の有効無効の問題を解決します。
しっかりじっくり、ご相談・打ち合わせをします
遺言者様と相談・打ち合わせを重ねて、不安やお悩みを解消したうえで、最良の遺言書作成をご支援いたします。
スムーズに遺言書を作成できます
遺言書作成の専門家が関与しますので、スムーズに作成できます。特に遺言公正証書の場合、公証人との打ち合わせ、必要書類の準備等、一切を代行いたします。
他の専門家と連携して業務にあたります
遺言を執行する際に、司法書士など他の専門家の関与を要するときは、連携して業務にあたります。遺言者様自ら専門家を探す必要はありません。
お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから

サポート・サービス

遺言の豆知識

任意後見の豆知識

専門サイト

  • 相続手続きガイド
    • 遺産分割協議書、各種相続手続、相続放棄のことは当サイトをご参照ください。

矢印
PageTop