遺言作成ガイド

遺言の豆知識

遺言の種類

遺言は、民法に定める方式に従って行なわなければなりません。
その方式には、普通方式と特別方式があります。

普通方式の遺言には、自筆証書遺言書遺言公正証書書秘密証書遺言書の3種類があります。

特別方式の遺言は、遺言者に危難が迫っている場合など特殊な状況でなされ、普通方式による遺言ができない場合に限り認められています。

遺言書挿絵

自筆証書遺言

自筆証書遺言書とは、遺言者が遺言書の全文、日付、及び、氏名を自書し、これに押印することにより、成立する遺言をいいます。

自筆証書遺言のメリット

自筆証書遺のデメリット

遺言公正証書

遺言公正証書とは、遺言者が口述した遺言内容を公証人が文書にする遺言をいいます。
通常、公証役場を訪問して作成します。

遺言公正証書のメリット

遺言公正証書のデメリット

秘密証書遺言

自筆証書遺言と遺言公正証書の中間的な存在で、自ら遺言を書いて封印し、公証役場に持参し、公証人と証人にその存在を証明してもらいます。
現在、あまり利用されていない方式です。

秘密証書遺言のメリット

秘密証書遺言のデメリット

遺言公正証書作成サポート

遺言イメージ

公正証書遺言書が作成されるまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

遺言の豆知識

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ