遺言作成ガイド

遺言の豆知識

遺言公正証書作成の際の証人

遺言公正証書を作成するには、証人2人が遺言公正証書の作成当日に立会うことが必要となります(民法969条第1号)。

証人の立会いが求められる理由は、

  1. 遺言者に人違いがないこを確認する
  2. 遺言者が正常な精神状態のもとで自分の意思に基づいて遺言の趣旨を公証人に口授していることを確認する
  3. 公証人による筆記が正確なことを承認する

ことで、遺言をめぐる後日の紛争を未然に防止することにあります。

遺言書挿絵

証人になれない人

以下の方は、法律により証人になれないと規定されています(民法第974条)。
さらに、証人は公正証書に署名をしなければなりませんので、署名をすることができない方も証人になることはできません。

証人を依頼するときの注意点

証人は、遺言公正証書の作成当日に立ち会うので、遺言者の遺言内容をすべて知ることになります。
したがって、遺言内容を秘密にできる信頼できる方を証人に選ぶことが大切です。

また、公証役場は平日のみの営業ですから、平日に公証役場に足を運べる方でなければなりません。

証人が見つからないときは

証人になっていただける適当な方が見つからない場合があります。
この場合、公証役場に相談すると、身元のしっかりした証人を紹介してもらえるでしょう。
紹介してもらった証人には、日当を支払う必要がありますので、日当額についても確認しておきましょう。

当事務所でも証人として立ち会う業務をサポートしていますので、お気軽にご依頼ください。

遺言公正証書作成サポート

遺言イメージ

公正証書遺言書が作成されるまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

遺言の豆知識

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ