遺言作成ガイド

遺言の豆知識

遺言に対する認識を変えましょう

遺言というと、次のようなことがよく言われていますが、正しいでしょうか?

遺言書挿絵

「財産が少ないので、遺言の必要はない」に対して

財産の多い少ないに関係なく、必ず相続は発生します。

残された家族・親族に負担をかけないためには、相続財産の多い少ないに関係なく遺言書が役立ちます。

遺言書がない場合
法定相続人全員による遺産分割協議を経て、その合意にしたがって遺産を分けることになります。
この遺産分割協議がまとまらないと、遺産分割協議書の添付を求められる不動産の相続登記や故人の銀行預金の引出しができなくなります。
また、法定相続人の数が多いときは、遺産分割協議を行うこと自体が大変です。
遺言書がある場合
遺言書がある場合は、遺言を執行すればよく、面倒な遺産分割協議を経る必要はないので、相続手続きをスムーズに進めることができます。

「家族は仲がいいから、遺言の必要はない」に対して

家族の仲が良くても、故人が欠けることで家族間のバランスが崩れたり、相続人の配偶者や親戚が口をはさんできて、相続がもめることがよくあります。

相続がもめると、家族・親族が争族になり、また争いが長引くことで争続になるといわれています。この争族・争続は、決してTVドラマだけの話ではありません。どの家族にも起こりうる、よくある話です。家族や親族の仲がいいからこそ、仲のいい家族に相続のもめ事を負わせたくないものです。

この点、遺言書を残しておくと、遺言者の意思が明確になるので、第三者が口をはさむ余地は少なくなります。また、残された家族・親族またはお世話になった知人に対する遺言者の心遣いががわかれば、争族・争続になることはないでしょう。

相続を争族・争続にしないためにも、遺言が役立ちます。

「法律どおり財産を分ければそれでいい」に対して

遺言書がない場合、法定相続分に従って、相続することになりますが、法律を形式的に適用すると、故人の意思に沿わなかったり、残された家族に不利益をおよぼすことがあります。

たとえば、遠くに住んでいて何もしてくれなかった息子よりも、いつも世話をしてくれた姉妹や内縁の妻に遺産を残してあげたい場合などです。
この場合、遺言書がなく法定相続どおり相続すると、お世話になった方に財産を残すことができません。

また、子供がいない夫婦の場合、たとえば、夫が亡くなると、妻と夫の兄弟姉妹が相続人になることがあります。
この兄弟姉妹が相続分を主張してきた場合、遺産が不動産だけのときには、その分割に困ることになり、残された家族が住む家を失うこともありえます。

このように、法定相続に従わない相続が求められることもありますので、このような場合には遺言書が役立ちます。

「遺言のことは年をとってから考えるから、今は関係ない」に対して

わが国では不慮の事故によって年間約数万人もの方が亡くなられています。
万一のことは、だれにでも起こりえます。
ご結婚されたり、お子様が生まれたりしてライフステージが変わった場合や認知症の配偶者や障がいのある子など気がかりな方がいる場合などは、遺言書を残して、万一に備えておいた方がよいでしょう。

遺言は15歳以上の者が、自らの意思ですることができると法律に定められています。
遺言は決して年齢を重ねてからするものではなく、思い立ったときにすればよいのです。

「遺言なんて大げさすぎる」に対して

ここまで読んでいただければ、遺言は決して大げさなものではないと、ご理解していただけたと思います。相続のことは、自分が死んだ後の問題だ、というのは無責任です。
もしかのときに、残された家族、親族が仲良くこれまでと同じように暮らしていけるように、あなたの最後のメッセージを残しておくことは、決して大げさなことではありません。
むしろ心のこもった遺言書を残しておくことは、当たり前のことかもしれません。

遺言公正証書作成サポート

遺言イメージ

公正証書遺言書が作成されるまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

遺言の豆知識

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ