遺言作成ガイド

遺言の豆知識

遺言公正証書

遺言公正証書とは、遺言者が口述した遺言内容を公証人が文書にする遺言をいいます。

公証人は、証書の原本と正本を作成し、正本は遺言者が持ち、原本は公証役場に保管されます。

遺言公正証書のメリット

遺言書の形式不備の心配はなくなります
裁判官・検察官等の法律実務に携わってきた法律の専門家である公証人が関与するので、遺言の形式・内容面・遺言能力などの有無について、トラブルはまずなくなります。
家庭裁判所での検認手続は不要となります
自筆証書遺言および秘密証書遺言は、家庭裁判所において検認が必要になります。
一方、遺言公正証書は検認の必要なく、相続開始後、速やかに遺言の内容を実現することができます。
公正証書で作成されていると、相続人にとって大きなメリットとなります。
遺言書の紛失・偽造のおそれがありません
遺言公正証書が作成されると、遺言書の原本は公証役場に保管され、遺言者には正本が渡されます。
このように原本が、公証役場に保管されるので、遺言書が破棄されたり、隠匿や改ざんをされたりする心配はありません。
自書できない方でも遺言書を作成できます
病気等によって、自書が困難な方は、全文自書が求められる自筆証書遺言を作成することは難しくなります。
しかし、遺言公正証書では、この場合も遺言をすることができ、さらに署名ができない場合でも、公証人が遺言者の署名を代書できることが法律で認められています。
また、遺言者が体力的に公証役場に出向くことが困難な場合には、公証人が遺言者の自宅または病院等へ出張して遺言書を作成することもできます。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

遺言公正証書を作成する際の留意点について

ポイント
たしかに、遺言公正証書を作成するには、手間や費用がかかります。
しかし、これらは、遺言者の意思を確実に実現して、相続人の負担を軽減するために必要な経費、手間と考えていただければと思います。

遺言の執行までの流れ

  1. 遺言書を発見
    • 遺言公正証書が作成されると、遺言者には公正証書の正本と謄本が渡されます。
      これらは、家庭裁判所の検認を受ける必要がありませんから、直ちに内容を確認することができます。
  2. 遺言の執行
    • 作成に公証人が関与し内容面および形式面の不備の可能性はほとんどないので、直ちに遺言を執行することができます。

遺言公正証書作成サポート

遺言イメージ

公正証書遺言書が作成されるまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言の豆知識

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ