遺言作成ガイド

遺言の豆知識

自筆証書遺言の書き方

まずは、遺言書を作成するときのポイントをごらんください。

自筆証書遺言を作成する際の注意点

全文を自筆で書きます
ワープロやパソコンで入力して署名だけを自筆で書くことや、代筆してもらうことは、法律的に無効となります。
また、ビデオや録音による遺言も無効です。
なお、遺言書は、縦書きでも横書きでも、どちらでもかまいません。
改ざんされないようにします
筆記具は 万年筆やボールペンを使って、改ざんされにくくしましょう。
封をしなくても有効ですが、改ざんを防ぐためにも封をしましょう。
正確に記載します
記載内容が不正確・あいまいな表現で、解釈が分かれる遺言は、無用な争いを招くおそれがあります。
相続人が相続財産を特定できるように記載しましょう。
複数枚になる場合、ホッチキス止め、または、袋とじをして契印をします。
ホッチキス止めしたときは、すべてのページの綴じ部に、袋とじをしたときは、裏表紙の袋綴じ部に押印(契印)をします。
夫婦別々に記載します
共同遺言は原則として無効になりますので、夫婦でも別々に書きましょう。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

自筆証書遺言の記載内容

法律に従って作成する必要があり、形式に不備があれば、無効となります。

作成年月日を正確に記載します
平成○○年○月吉日は無効になります。平成○○年○月◯日と記載します。
遺言者の氏名を記載し、押印をします
できれば、実印を使いましょう。
「だれに」「何を」「どれだけ」「相続させる」または、「遺贈する」のかを、具体的に記載します
相続人には「相続させる」旨の遺言を、相続人以外には「遺贈する」旨の遺言をしましょう。
相続人・受遺者を特定するために、その者の住所・氏名、できれば、生年月日まで記載しましょう。
遺留分の侵害があると、後にもめたり、相続人間の関係が険悪になるおそれがありますから、遺留分には配慮しましょう。
訂正・加入・削除をする場合、法律に定める方法に従います
訂正する文字に二本線、訂正した所に押印して正しい文字を書きます。
さらに、訂正箇所上部余白に「本行第五字目を○○○○に変更する」と記して、氏名を自署します。
封をして、発見者が気づくように封筒の表に「遺言書」と記載し、裏に日付・署名・押印をしておきます
自筆証書遺言の場合、家庭裁判所の検認が必要になりますから、封筒に「家庭裁判所の検認を受けること」と記載しておくとよいかもしれません。

遺言書の作成例

自筆証書遺言の作成例をご参考ください。
作成例は、パソコンのフォントで記載されていますが、上述のとおり自筆で書く必要があります。

自筆証書遺言作成サポート

遺言イメージ

自筆証書遺言が完成するまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言の豆知識

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ