遺言作成ガイド

遺言の豆知識

遺言書の付言事項

付言事項とは、法律で定められていないことを遺言書で付言しておくことをいいます。

付言事項は法的効力をもたない

遺言書に記載された内容が法的効力をもつには、法律で定められた事項(法定遺言事項)を、法律で定められた方式に従って作成されていなければなりません。
この点、付言事項は法的遺言事項ではないので、記載しても法的な効力をもちません

もっとも、付言することは法的に禁止されておらず、その内容を実現するための法的手段がないという意味です。
すなわち、付言事項の実現は遺族の判断に委ねられ、法律は介入しないということです。

遺言を作成した思いを伝えることができる

付言事項を記載することで、その遺言に込められた遺言者の思いを伝えることができますし、遺言者の最期のメッセージとして、残された家族の精神的な支えになることもあります。
さらに、遺族間の争いを防ぐ効果も期待できます。

このように付言事項には、法的効果はありませんが、遺言者の意思を実現して、円満な相続につながる効果的な記載事項といえます。

ポイント
付言事項の内容実現は遺族の判断に委ねられますが、遺言者の意思の実現・円満な相続の実現に効果があるというメリットもあるので、その記載をご検討ください。
遺言書挿絵

付言事項の活用

遺言者の希望や事実などを付言しておくと、遺言者の意思が遺族にストレートに伝わるので、その意思が尊重されて結果的に遺言が実現されることがよくあります。

たとえば、

遺言で財産を特定の者に相続させる理由や葬式・法要方法、献体・散骨を希望する趣旨、親族の融和や家業の発展を祈念する旨を記載すると、遺言者の最後の意思が伝わり、ほとんどの場合尊重されるでしょう。

特に、法定相続分と異なる遺言の指定をした場合や、特別受益の持ち戻しを免除した場合などは、遺言者の思いを付言しておくと、残された者に遺言者の意思が伝わるので、相続人間でもめることが少なくなります。

遺言書は遺言者の最期のメッセージですから、日頃言えなかった感謝の言葉など、その思いを残しておくこともおすすめします。

付言事項の具体例

葬式や法要の方法を付言

葬式や法要の方法を遺言で指定できますが、これらは付言事項ですから、その実現は残された家族や親族等の意思にゆだねられます。
もっとも、遺言者の最後の希望であるので、よほど特別な理由がない限りその意思は尊重されるでしょう。
よって、希望がある場合、積極的に付言しておいた方がよいと思われます。
ただし、遺言書は、死亡直後に発見され開示されるとは限りません。
葬儀の方法や献体などの希望を記載しても、遺言書がすぐ開示されなければ、希望がかなえられないこともあるので、生前から家族・親族に希望事項を伝えておくことが大事です。

遺言公正証書作成サポート

遺言イメージ

公正証書遺言書が作成されるまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

遺言の豆知識

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ