遺言作成ガイド

こんなときどうするの?
~遺言のケ-ス・スタディ

相続には、よくトラブルが発生するケースがあります。
ただ、事前にどのような問題が起こりうるかを知って、その対策を講じておけば、後にトラブルになることを防ぐことができます。
参考になるケースがございましたら、その対策についてご検討ください。

遺言書挿絵
子供がいない夫婦の相続
子供がいない夫婦の場合、たとえば夫が亡くなると、遺産は全て妻が相続すると思っていませんか。必ずしもそうではないので、そのように思われている方はご注意ください。
たとえば、夫が遺言書を残さず亡くなり、妻と夫の弟が相続人になった場合、妻は遺産の3/4、弟が1/4を相続する権利を有します。このとき、妻が不利益を被る場合もあります。
子がいない夫婦の場合、配偶者に相続が開始すると、残された配偶者にとって不利益になるケースがありますので、遺言者を作成して対策を講じることが重要です。
認知症の相続人がいる場合の相続
たとえば、配偶者が認知症である場合には、その配偶者に財産を多く相続させることが考えられますが、認知症である配偶者が自分の財産を管理することは難しいでしょう。
また、認知症の配偶者の世話をすることを期待して、子どもに多く財産を残しても、その子が遺言者の期待を裏切る行為をすることもあります。
そこで、認知症の相続人がいる場合には、法定後見制度を利用したうえで、さらに、負担付きの相続をすることが効果的と考えます。
相続人が先に死亡したときには~予備的遺言
遺言者の死亡前に、または遺言書と同時に、遺言書中の指定相続人に相続させるとしていた財産は、指定相続人の死亡により相続人の指定のない財産になります。
その結果、その財産の帰属は、遺産分割協議にゆだねることになります。
遺産分割協議がもめる心配があるときには、指定相続人が死亡したい場合に備えて、予備的に次の相続人を指定しておく、予備的遺言を残しておくとよいでしょう。
遺言書の有無と相続手続
相続による遺産分割の手続きは、遺言書がある場合とない場合によって大きくかわります。

遺言公正証書作成サポート

遺言イメージ

公正証書遺言書が作成されるまで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にご利用ください。

遺言書を残した方がよい方?

該当する方は、心身ともに健康なうちに遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。

こんなとき、どうするの?

ご依頼・お問い合わせ

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ