お電話によるお問い合わせ番号

遺言書の作成方法

遺言書を作成するときのポイント

ポイント1 ~ 公正証書の形式で作成します
ポイント2 ~ 正確に記載します
ポイント3 ~ もれなく記載します
ポイント4 ~ 夫婦相互に遺言書を書きます
ポイント5 ~ 遺留分に配慮します
ポイント6 ~ 遺言執行者は指定します
ポイント7 ~ 予備的遺言も考えます
ポイント8 ~ 不言事項を活用します

遺言書を作成するときのポイントについて詳しく

付言事項を活用する

遺言書の内容が法的効力をもつには、法律で定められた一定の事項(法定遺言事項)について、法律で定められた方式に従って作成されていなければなりません。
この点、付言事項は、法律で定められていないことを遺言書に付言するものですから、法的な効力を有しません。
しかし、付言事項には、遺言者の意思を実現して、円満な相続につながる効果があります。

付言事項について詳しく

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言を作成する際の注意点は、・・・
自筆証書遺言の記載方法は、・・・
遺言書の作成例は、・・・

自筆証書遺言の書き方について詳しく

遺言公正証書の作成方法

遺言公正証書の作成手順は、・・・
公正証書作成に必要な書類は、・・・

遺言公正証書の作成方法について詳しく

「相続させる」と「遺贈する」

遺言者が、相続人に財産を承継させるときは、「相続させる」と記載し、相続人以外の者に承継させるときには「 遺贈する」と記載しましょう。

遺贈は相続人に対してもすることができますが、相続人に対しては、「相続させる」とした方がメリットがありますので、「相続させる」と記載しておきましょう。

「相続させる」と「遺贈する」について詳しく

遺留分に配慮する

遺留分とは、兄弟姉妹を除く相続人が法律上取得することが保障されている相続財産の一定の割合のことをいいます。
この遺留分を侵害する指定相続や遺贈、贈与があった場合には、遺留分を侵害された相続人は侵害された額を限度で遺贈・贈与の効力を失わせることができます(遺留分減殺請求)。

遺留分に配慮するについて詳しく

遺言書の作成をご検討のときは、ご相談ください

家族・親族間の争いを避けるために、煩雑な相続手続の負担を軽減するために、特別な方に財産を分け与えるために・・・。
遺言には、たくさんのメリットがありますので、必要があれば当事務所にお気軽にご相談下さい。

遺言書作成の専門家が関与するので安心です
遺言書は法律で定める要式に従わないと効力をもちませんので、遺言書作成の専門家が関与すると安心です。よくある遺言書の有効無効の問題を解決します。
しっかりじっくり、ご相談・打ち合わせをします
遺言者様と相談・打ち合わせを重ねて、不安やお悩みを解消したうえで、最良の遺言書作成をご支援いたします。
スムーズに遺言書を作成できます
遺言書作成の専門家が関与しますので、スムーズに作成できます。特に遺言公正証書の場合、公証人との打ち合わせ、必要書類の準備等、一切を代行いたします。
他の専門家と連携して業務にあたります
遺言を執行する際に、司法書士など他の専門家の関与を要するときは、連携して業務にあたります。遺言者様自ら専門家を探す必要はありません。
お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから

サポート・サービス

遺言の豆知識

任意後見の豆知識

専門サイト

  • 相続手続きガイド
    • 遺産分割協議書、各種相続手続、相続放棄のことは当サイトをご参照ください。

矢印
PageTop