お電話によるお問い合わせ番号

成年後見制度

成年後見制度とは、認知証、知的障碍、精神障がいなどによって、物事を判断する能力が十分でない成人の方の権利を保護し、法律的に支援する制度です。

判断能力が低下することで、不動産や預貯金などの財産を管理したり、介護等のサービス・施設への入所に関する契約を締結すること、遺産分割協議をすることが、難しくなる場合があります。

認知症等の高齢者が悪徳業者にだまされて、高額なリフォーム契約を結んだり、不必要な布団などを買わされてしまう被害について、よくニュースなどで耳にします。
そこで、このような場合に、判断能力の不十分な方を保護して支援するための制度が成年後見制度です。

成年後見制度の種類

成年後見制度には、判断能力が不十分になってから利用できる法定後見制度と判断能力が十分あるうちに、将来、判断能力がなくなった場合に備える任意後見制度があります。

成年後見制度と法定後見制度、任意後見制度

法定後見制度

法定後見制度は、判断能力が不十分になってから利用することができる制度です。

法定後見制度は、保護・支援を受ける方の判断能力の程度などに応じて、さらに「後見」「保佐」「補助」の3つにわかれていて、判断能力が不十分になった方を保護・支援する方(成年後見人、保佐人、補助人)を家庭裁判所が選任します。

法定後見制度

任意後見制度

任意後見制度は、判断能力が不十分になる前にあらかじめ契約によって、「だれに」「どのような支援をしてもらうか」を決めておく制度です。

任意後見制度では、ご本人自らが選んだ代理人(任意後見人)が、ご本人自らが決めた身の回りの事務等を代理することになります。
したがって、ご本人の意思が反映、尊重される制度といえます。

任意後見制度

任意後見契約サポート

任意後見制度のご相談から、公正証書での契約締結まで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

任意後見契約サポート

成年後見登記制度について

成年後見登記制度とは、成年後見人などの権限や任意後見契約の内容などをコンピュータ・システムによって法務局で登記し、登記官が登記事項を証明した登記事項証明書(登記事項の証明書・登記されていないことの証明書)を発行することによって登記情報を開示する制度です。
成年後見人などが本人に代わって取引をするとき等に、登記事項の証明書を取引相手方に示すことで、その権限を確認してもらうことができます。

成年後見登記制度

任意後見契約のことは、お気軽にお問い合わせください

身近な街の法律家、相談役としてご活用していただけるよう、丁寧でわかりやすい説明と柔らかな応対に心がけていますので、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから

サポート・サービス

任意後見 豆知識

遺言の豆知識

専門サイト

  • 相続手続きガイド
    • 遺産分割協議書、各種相続手続、相続放棄のことは当サイトをご参照ください。

矢印
PageTop