任意後見制度の特長と留意点

お電話によるお問い合わせ番号

任意後見制度の特長と留意点

任意後見制度は、本人の意思を尊重し、本人が契約によって自由に契約内容を決めることができる制度です。

任意後見制度の特長

信頼できる方に支援してもらえる
任意後見制度は、本人が自由に契約内容を決めることができる制度ですから、本人が信頼できる方を任意後見人にすることができます。
また、任意後見人には資格などの制限がなく、親族の他、行政書士などの法律の専門家、福祉の専門家に依頼することもできます。 任意後見契約の受任者
支援してもらう内容を本人が決めれる
任意後見制度は、本人が自由に契約内容を決めることができます。
あらかじめ、任意後見人になる方と、どのように財産管理をしてもらうか、また、療養・介護についての希望などについて打ち合わせをしておき、それらを契約事項としておくことで、本人の意思を尊重した支援を受けることができます。
任意後見契約書は公文書
任意後見制度を利用するには、任意後見契約に関する法律によって、任意後見契約書を公正証書の形式で作成する必要があると定められています。
このように、任意後見契約書は法律の専門家である公証人が作成する公文書となります。そして、この任意後見契約書は公証役場にて原本が保管されます。
また、任意後見契約書の契約内容は、法務局で東京法務局に一括登記されるため、任意後見人の地位も公的に証明されます。 成年後見登記制度
任意後見人が円滑に後見事務を行える
任意後見人は、任意後見契約に基づいて事務を行うので、任意後見人は周りから疑いや誤解を受けることなく、財産管理を行うことができます。
前述のとおり、任意後見人は登記されていますので、その地位を証明することも容易です。
任意後見監督人が任意後見人の代理行為を監督する
任意後見契約は、本人の判断能力が不足したときに、さらに任意後見監督人の選任を家庭裁判所に申し立てて、任意後見監督人が選任された時点に効力をもちます。 任意後見監督人
任意後見人は、この任意後見監督人に定期的に事務の内容を報告する必要があり、家庭裁判所は任意後見監督人を通して任意後見人を監督することになります。
このようにして、受任者である任意後見人が代理権を濫用することを防止します。
任意後見契約サポート

任意後見制度のご相談から、公正証書での契約締結まで、専門の行政書士が完全サポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

任意後見契約サポート

任意後見制度を利用する際の留意点

本人の判断能力があるうちに契約を結ばなければなりません
任意後見契約は一種の委任契約ですから、本人に契約を交わすことができる十分な判断能力が必要になります。本人の判断能力が既に低下してしまている場合には、法定後見制度を利用することになります。 法定後見制度
本人の判断能力が十分あるうちは、任意後見制度を利用することはできません
任意後見制度は、本人の判断能力が低下した後、家庭裁判所に任意後見監督人の選任を申し立て、任意後見監督人が選任されたときに、はじめて事務が開始されます。
したがって、本人の判断能力があるうちは、身体能力が低下しても任意後見契約は効力がありません。
判断能力があるうちから財産管理などの事務を委任したいときには、移行型の任意後見契約を結ぶとよいでしょう。 移行型の任意後見契約
また、判断能力が低下することなく亡くなられた場合には、任意後見契約は利用されることなく終了します。
本人の判断能力の低下を把握するのが困難な場合があります
本人が一人暮らしの場合や同居の親族以外の方が任意後見受任者である場合には、本人の判断能力が低下したかを把握することが困難な場合があります。
任意後見人には取消権がありません
法定後見制度を利用する場合、後見人や保佐人・補助人には、一定の行為につき取消権が与えられています。しかし、任意後見人には取消権が与えられていません。
したがって、本人が不必要な商品をよくわからず購入してしまった場合、当然にすぐ取り消すことはできません。本人が浪費を繰り返すなど、どうしても取消権が必要な場合には、法定後見を申し立てることも可能です。
任意後見人が権限を濫用することがあります
任意後見監督人による監督があっても、任意後見人が権限を濫用することはありえます。
くれぐれも信頼できる方を選任することが大切です。信頼できる方でも、多額の借金を抱えている方の選任は避けた方がよいでしょう。
任意後見人と任意後見監督人の報酬が発生します
任意後見人として、親族等を選任する場合は、無報酬とすることが多いですが、法律の専門家、福祉の専門家に依頼する場合には報酬が発生します。
また、任意後見監督人の報酬も同じく発生します。

任意後見契約のことは、お気軽にお問い合わせください

身近な街の法律家、相談役としてご活用していただけるよう、丁寧でわかりやすい説明と柔らかな応対に心がけていますので、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから

サポート・サービス

任意後見 豆知識

遺言の豆知識

お問い合わせ

  • 電話番号 06-6131-5696
    • 受付時間 月~金 9:00~18:00
    • サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
    こちらから

専門サイト

  • 相続手続きガイド
    • 遺産分割協議書、各種相続手続、相続放棄のことは当サイトをご参照ください。

矢印
PageTop