相続人が先に死亡したときには~予備的遺言

お電話によるお問い合わせ番号

相続人が先に死亡したときには

予備的遺言説明イメージ長男と二男が推定相続人の場合で、その親である遺言者が「長男に一切の財産を相続させる」旨の遺言を残していたとき、遺言者より先に長男が亡くなった場合どうなるのでしょうか?

民法は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力は生じないと定めていますので(994条第1項)、遺贈するという遺言部分は失効することになります。
また、特定の者に相続させるという遺言は、遺言者がその代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情がない限り、効力を生じないとされています(最高裁判所平成23年2月22日判決)。代襲相続

したがって、この場合、遺言者の死亡前に、または遺言者と同時に、長男が死亡していた場合には、長男に相続させるという遺言の効果は当然には生じません。
つまり、長男の子は、遺言者が長男の子に代襲相続により相続させる意思があったという特段の事情があると認められない限り、代襲相続により遺言者の財産をすべて相続することはできません。二男と長男の子で、法定相続分どおり、2分の1ずつ相続することになります。

次へ

そこで、遺言者が、二男ではなく長男もしくは長男の子に相続させたいときには、予備的遺言をすればよいでしょう。
ただし、兄弟姉妹以外の相続人には遺留分の権利が認められていますので、二男は遺留分を主張することができます。

予備的遺言

遺言者より先に、または同時に、遺言による指定相続人が死亡した場合に備えて、予備的に次の相続人を指定しておくことができます(予備的遺言)。

  • 遺言による指定相続人が死亡した場合の遺産分割協議がもめそうなときには、予備的遺言をすると効果的です。
  • 相続させたくない推定相続人がいる場合にも予備的遺言を活用できます(上記の二男に相続させたくないとき)

予備的遺言に該当する事実が発生したときに、相続開始と同時に予備的遺言で指定された相続人に権利移転の効果が生じます。

【予備的遺言の遺言書文例】
万一、遺言者より前に又は遺言者と同時に妻花子が死亡していたときは、遺言者は、前条記載の財産を長女甲山乙子(住所、生年月日)に相続させる。

遺言公正証書作成サポート

先祖代々の財産をどのように承継するか、夫婦で築いた財産をどうするか、親族への財産分配など、それぞれ事情は異なります。遺言者様にとって最良の遺言書を作成するお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご利用ください。

遺言公正証書作成サポート

遺言者の遺言能力の対策にもなります!!

遺言書作成時、指定相続人が元気な場合に予備的遺言を残すことに抵抗があるので、指定相続人が先に死亡した時点で、新たに遺言を作成すればよいとも思います。
【例】長男が健康であるのに、その孫に予備的遺言をするのは抵抗がある場合など

しかし、それでは二度手間になりますし、遺言能力の問題もでてきます。
時を経て、新遺言の必要性が生じたときには、遺言者が老人性認知症などで遺言能力を失っていることもあります。
遺言者の意思を実現するために、次順位の相続人を指定することができるときは、予備的遺言で指定しておくことをおすすめします。

遺言書の作成をご検討のときは、ご相談ください

家族・親族間の争いを避けるために、煩雑な相続手続の負担を軽減するために、特別な方に財産を分け与えるために・・・。
遺言には、たくさんのメリットがありますので、必要があれば当事務所にお気軽にご相談下さい。

遺言書作成の専門家が関与するので安心です
遺言書は法律で定める要式に従わないと効力をもちませんので、遺言書作成の専門家が関与すると安心です。よくある遺言書の有効無効の問題を解決します。
しっかりじっくり、ご相談・打ち合わせをします
遺言者様と相談・打ち合わせを重ねて、不安やお悩みを解消したうえで、最良の遺言書作成をご支援いたします。
スムーズに遺言書を作成できます
遺言書作成の専門家が関与しますので、スムーズに作成できます。特に遺言公正証書の場合、公証人との打ち合わせ、必要書類の準備等、一切を代行いたします。
他の専門家と連携して業務にあたります
遺言を執行する際に、司法書士など他の専門家の関与を要するときは、連携して業務にあたります。遺言者様自ら専門家を探す必要はありません。
お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。こちらから

サポート・サービス

遺言の豆知識

任意後見の豆知識

お問い合わせ

  • 電話番号 06-6131-5696
    • 受付時間 月~金 9:00~18:00
    • サービス内容についてのお問い合わせやお見積もりのご依頼はお気軽にどうそ。
  • メールでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせやお見積り依頼もお気軽にどうぞ。
    こちらから

専門サイト

  • 相続手続きガイド
    • 遺産分割協議書、各種相続手続、相続放棄のことは当サイトをご参照ください。

矢印
PageTop